買って間違いなかった!【生後6・7・8カ月】におすすめの人気おもちゃランキング5選

買って間違いなかった!【6・7・8カ月】におすすめの人気おもちゃランキング5選

赤ちゃんによって成長には個性がありますが、寝返り、ずりばい、ハイハイ、おすわりなど急激に成長する生後6・7・8カ月。

くぅ先生
自分で動けるようになってくるので、遊べるおもちゃの幅も広がる時期だね!

でもどんなおもちゃを選んであげればいいんだろう?

ありぃさ
本記事ではわが家が実際に買ってよかった生後6・7・8カ月向けのおもちゃ・知育玩具の厳選5選を紹介しているよ!

自信をもっておすすめできる商品ですので、ぜひ生後6・7・8カ月向けのおもちゃ選びの参考にしてください。

 

1位:幼児教室でも使われるコップがさね

栄えある1位は、幼児教室や保育園でも使われることの多いコップがさね!

ありぃさ
人気の秘密は、豊富な遊び方意外に安い良心的な価格

しかも3歳頃まで遊べるという超コスパがいい優れもの!

詳細な口コミは「遊び方が多く知育効果も抜群!コンビのコップがさね口コミレビュー」に書いていますので、よかったらご覧ください。

 

2位:ゆらゆらで赤ちゃんの好奇心を刺激する!ゆらりんタワー

こちらも幼児教室で使われていた商品、ゆらりんタワー。

息子が見えるところでゆらゆら揺らしてあげると、必ずハイハイでよってきます。

コップがさね同様に遊び方が豊富で、色の概念、大小の概念、数の概念を学べる知育効果もあり。

しょうた
1歳頃になったらリングを棒から取ったり、棒にはめたりと手先を使う遊びもできるのが嬉しいね!

次男が遊んだ感想を書いています。
>>【コスパ最高】ゆらりんタワーで9カ月が遊んだ口コミレビュー

 

3位:赤ちゃんが自分で回す姿がかわいい!ワンダーホイール

個人的にはこれもぜひ使ってみてほしい商品です。

観覧車のようなおもちゃで、生後8カ月頃になると赤ちゃんでも回せます。

何がいいかというと、観覧車を回すと結構長めに回ってくれて、ビーズがシャラシャラ〜と鳴るので、赤ちゃんが興味津々で見てくれます。

あと赤ちゃんが行って欲しくない方向や触ってほしくないものを触りに行こうとしたら、この観覧車を回してあげると戻ってきます(笑)

「追いかけるのがめんどくさいな〜」と思うことのある私のようなズボラママには、このワンダーホイールという名の赤ちゃん呼び寄せ機が一押しです(笑)

さらに詳しい口コミレビューを知りたい方は「Sassy(サッシー)のワンダーホイール口コミ!ママにとっても嬉しいワケ」をご覧ください。

 

4位:3歳まで遊べる!バイリンガル・ラーニングボックス

わが家では3歳の長男と生後8カ月の次男が一緒に遊べたバイリンガル・ラーニングボックス。

色、数字、歌を日本語と英語でしゃべってくれるので、これで遊んでいるといつのまにか「レッド!ブルー!」とか言い出します。

ゆうた
しかも型はめもついているから、手先を器用にしてくれるよ!

さらに詳しい口コミレビューを知りたい方は「バイリンガル・ラーニングボックスを8カ月と3歳の兄弟が遊んだ感想」をご覧ください。

 

5位:赤ちゃんがなめても大丈夫!お米のつみき

つみきデビューにもおすすめなお米のつみき

しょうた
原料にお米を使っているので赤ちゃんが舐めても安心!

まだ積むことはできなさそうだから早いのでは?

つみきは積む遊びのイメージが強いので、こう思う方もいるかもしれませんね。

ですがつみきは積む前に、振ったり、投げたり、打ち合わせたりして遊ぶことができるんです。

ありぃさ
赤ちゃんが両手につみきをもって、嬉しそうな笑顔で「トン、トン」と打ち合わせをする姿はとってもかわいい!

 

ランキングは以上になりますが、参考になりましたか?

ランキングの最初に戻りたい方は、以下をクリックしてくださいね。

>> ランキング1位に戻る

知育玩具レンタルサービスを知っていますか?

わが家で使っている知育玩具がレンタルできるトイサブ!の口コミレビュー記事も書いているので、よかったらご覧ください。

この記事もCheck!>> 型はめパズルはいつから?知育効果と実際に使ったおすすめ商品3選
>> おもちゃレンタル7社を徹底比較!あなたにおすすめなのはこれ
>> 【2019最新】実際に体験調査してわかった人気の幼児教室5社を徹底比較!ニーズ別のおすすめも 
>> 幼児教室の無料体験レッスン一覧
>>【絵本リスト310】くもんや家庭保育園、厚生労働省が推薦する0歳〜6歳向けの絵本
>> 幼児教育の種類を徹底解説!子育てや幼稚園、学校選びの参考にしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2児の男の子を育てるアラサーママ。
幼児教室に通った経験や200ほどの知育玩具・遊具を利用した経験をメモがてらに共有したいと思い、子どもと"共"に"育"つための幼児教育ブログ『トモイクガイド』を運営。
子どもには「夢中になれるものを見つけて、粘り強く頑張れる力」を身につけてほしい。