【コスパ最高】ゆらりんタワーで9カ月が遊んだ口コミレビュー

ゆらりんタワー 口コミ

フィッシャープライスのロングセラー商品、『ブリリアントベーシック ゆらりんタワー』(以下ゆらりんタワー)。

1960年に発売してから、赤ちゃんのおもちゃの代表ともいえるほどの人気商品になっています。

ありぃさ
実際にAmazonのゆらりんタワーのレビューを見ても、4.4点と高評価!

わが家も実際に購入したのですが、とにかくコスパ最高だと感じています。

本記事では9カ月の息子が使った口コミレビューを書きました。

カラフルでかわいらしいゆらりんタワーの魅力を遊び方も説明しながら紹介しています。

6カ月頃の知育玩具を探している方、ゆらりんタワーの購入を迷っている方はぜひご覧ください。

 

ゆらりんタワーの特徴

ゆらりんタワーはカラフルで見た目がかわいい輪投げのようなタワーです。

ゆらりんタワー

ゆらりんタワー

タワーの底が平面ではなくカーブになっているので、かるく押すとゆらゆらします。

くぅ先生
赤ちゃんの前でゆらゆらさせると、すぐに興味をもって近づいてくるよ!
ゆらりんタワー リング

ゆらりんタワー リング

色も大きさもそれぞれ5種類あるので、色の概念と大きさの概念を学ぶことができます。

ゆらりんタワー ビーズが入ったリング

ゆらりんタワー ビーズが入ったリング

一番小さい赤のリングにはビーズが入っていて、ラトルがわりにもなります。

ありぃさ
オムツ交換のときにもたせると寝返りせずに遊んでくれるので助かる!

 

ゆらりんタワーの口コミレビューと遊び方

9カ月の息子がゆらりんタワーで遊んだ口コミレビューを書いていきます。

しょうた
遊び方も紹介するよ!

ゆらしたり、たおしたりする

9カ月の息子はまだ力加減が難しく、揺らすというよりは倒しています。

ゆらりんタワー ゆらゆら

ゆらりんタワー ゆらゆら

私が次男の前でかるくゆらゆらさせるとすぐに飛びついてくるのですが、来たと思った瞬間に「バンッ!」と叩いて倒したり、吹っ飛ばしたりするのが一番楽しそうです(笑)

リングを両手に持ってカチカチぶつける

最近の次男は両手にものを持ってカチカチするようになりました。

ゆらりんタワー リングを持ってカチカチ遊び

ゆらりんタワー リングを持ってカチカチ遊び

このカチカチもすごい楽しそうにやってくれます。

「黄緑と赤でカチカチしてるね〜」なんて声かけをしながら、色を教えています。

腕や足に通す

腕や足に通せるおもちゃはなかなかないですよね。

ゆらりんタワー リング遊び

ゆらりんタワー リング遊び

足にリングをはめてあげたら、不思議そうにしていました。

大きさを比べる

リングは5種類とも大きさが違うので大小の概念も学べます。

ゆらりんタワー 大小遊び

ゆらりんタワー 大小遊び

下から大きい順出ないとリングがはまらないため、正解かどうかがわかりやすいです。

他にも以下のような遊び方ができます。

棒から取ったり、棒にはめたりする

9カ月ですと棒から取ることはできますが、はめるのはまだ難しそうです。

遊びの中で徐々に練習することで、手先の動かし方を学んでいけます。

色を学ぶ

赤・オレンジ・黄色・黄緑・水色の5種類のリングがあるので、色の概念も学べます。

くぅ先生
色や数を学ぶには遊びの中に取り入れるのがいいので、ゆらりんタワーはまさに最適!

転がす

リングの形をしているので、長く転がってくれます。

ハイハイを促したいときにありがたいです。

おままごと

リングをドーナツに見立てておままごともできます。

ゆらりんタワーなら、「ドーナツを2つください」といった数の概念も同時に学べます。

 

ゆらりんタワーはコスパ最高

ゆらりんタワーの魅力や遊び方は伝わりましたか?

ありぃさ
ところで、このゆらりんタワーいくらだと思います?

なんとこれ、Amazonで800円くらいで買えちゃうんです!

こんなにママも子どもも気に入る1,000円以下のおもちゃはなかなかないです。

まだ遊んだことのない方はぜひ検討してみてくださいね!

 

ゆらりんタワー 』のような知育玩具に興味のある方は、知育玩具がレンタルできるトイサブ!もおすすめです。

わが家も利用しているので、気になる方はぜひ体験談の記事をご覧ください。

>> トイサブ!の評判は?3歳の息子がおもちゃレンタルを利用した感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2児の男の子を育てるアラサーママ。
幼児教室に通った経験や200ほどの知育玩具・遊具を利用した経験をメモがてらに共有したいと思い、子どもと"共"に"育"つための幼児教育ブログ『トモイクガイド』を運営。
子どもには「夢中になれるものを見つけて、粘り強く頑張れる力」を身につけてほしい。