【2歳トイトレ体験談】カリブの補助便座が踏み台・取っ手付きの折りたたみ式でコスパ◎!!




こんにちは!ありぃさ(@ariiisa_j)です。

トイトレに使う補助便座。

「キャラクターものにしようか」「踏み台は必要か」などと迷われている方も多いのではないでしょうか?

そして、「出来るだけ安くて使えるものを!」と考えるのは私だけではないはず。

そんな補助便座難民の方に、補助便座の選び方と私が迷いに迷って購入した補助便座をご紹介します。

 

補助便座って必要?

補助便座は「子どもを普通の便座に座らせて反応を見てから買う」が正解!

トイトレを始める際は補助便座の購入を考える方が多いと思いますが、「そもそも補助便座って必要なの?」と疑問に思う方もいると思います。

結論からいうと、子どもによるので、まず子どもを普通の便座に座らせて反応を見るというのが正解だと思います。

ちなみに、我が家は必要でした。

というのも、私も最初は補助便座を使わずにトイトレをしていたのですが、長男があんまりバランスよく便座に座れなかったので、トイレへ行く度に脇を支えてあげていました。

本人も少し怖がっていたので、これは補助便座が必要だなと思い購入を決めました。

もし、子どもが一人でも便座にバランスよく座れて怖がらないのであれば、補助便座はなくても大丈夫だと思います。

ただ、便座には高さがあるので、踏み台だけでも用意しておくと便利です。

補助便座は必須ではないけれど、こんなメリットがある

✔︎ 自分で補助便座をセットして座れるようになった

ある程度トイトレが進んだ頃から、長男は自分で補助便座をセットするようになりました。

我が家が使っていたものは踏み台もついていたので、自分で補助便座をセットしたらそのまま踏み台を上がって用を足していました。

ちなみにこのとき2歳10ヶ月でした。

家事で手を離せないときや下の子の授乳中にトイレに付き合うのって正直大変ですよね。

そんなときに補助便座があれば、自分でトイレを済ませてくれますし、そばで見ていなくてもお尻がトイレに落っこちてしまうといった心配もしなくて済むので親としてもありがたいです。

✔︎ 自分一人でトイレができたという達成感を味わえた

最初は補助便座なしで子どもの脇を支えて進めていたトイトレでしたが、自分で補助便座をセットしてトイレがうまくいったときに「一人でできたよ!」と嬉しそうにしていました。

大人でもそうですが、やっぱり達成感って味わえると嬉しいですし、その後も頑張ろうって思えますよね。

そんな”達成感”という感情を味わうことのできた長男の表情はとても誇らしくかっこいいものでした。

 

補助便座の選び方

補助便座にもたくさんの種類があるのですが、選び方のポイントとしては以下の通りです。

✔︎ おまると補助便座セットのもの

✔︎ 座る部分のみのもの

✔︎ ハンドルが前についているもの

✔︎ ハンドルが横についているもの

✔︎ 補助便座に踏み台がついているもの

✔︎ 折りたたみ式のもの

✔︎ キャラクターもの

これらのなかから、我が子にあいそうなものを選ぶといいと思います。

 

私が買った『カリブ補助便座』のレビュー

上記で補助便座の選び方のポイントをまとめてみましたが、私が選ぶときに重要視したのは以下の3つでした。

✔︎ おまるはついていなくていい

✔︎ ハンドルがついている
(前と横どちらが息子にあうか分からないのでついている部分にこだわりはなし)

✔︎ できるだけ邪魔にならない

この3つを満たしていて、できるだけ安く口コミがよいものを探しました。

そこで見つけたのが、カリブの補助便座。

カエルの形をしたカラフルな補助便座で、色はパープル、ピンク、グリーン、イエロー、レッド、ブルーの6色があります。
 
我が家は長男に色を選んでもらったところ、レッドを選んだのでレッドを購入しました。
 
 
実際に設置した状態がこちらです。
 
カリブの補助便座

カリブの補助便座 設置状態

階段の位置は3段階で調整可能、外すこともできます。

滑り防止の溝がついているところが嬉しいです。

ただ、調整可能といっても、階段の位置を一番上にしたとしても身長90cmの息子でちょうど足を置けるくらいでした。

なので、身長低めの子ですと足置きにはできなさそうです。

 

使わないときはこんな風に折りたためます。

カリブの補助便座2

カリブの補助便座折りたたみ

 

実際に買ってみて良かった点と購入に際しての注意点をまとめてみました。

良かった点

・息子の好きな色を選べたので、届いたときに長男がとても嬉しそうだった。

・組み立て式だが大きめのネジを6本つけるだけなので、5分ほどで組み立てられる。
→長男も一緒に組み立てて嬉しそうだったのとやる気アップに繋がった。

・踏み台と補助便座がセットなので使うときは楽ですし、折りたためるので使わないときは邪魔にならない。

・何より安い!補助便座+踏み台+取っ手付き+折りたたみでこの値段は他にはない。(ありぃさ調べ)

購入に際しての注意点

・トイレの形状によっては取り付け不可な場合があるそうですが、我が家のトイレもぴったりははまりませんでした(汗)
ちょっとガタガタしますが、長男にとっては気にならない程度みたいです。
怖がりそうなお子さんにはやめた方がいいかもしれません。

ちなみに我が家のトイレは、リクシルのシャワートイレ(品番:CW-H42)です。

心配な方は、こちらの取り付け可能サイズをきちんと測った方がよいかもしれませんね。

<取り付け可能トイレのサイズ>
※トイレの形状により取り付け不可な場合も御座います。
・便座の内径:幅約21cm~25cm
・奥行:約25cm以上
・床から便座迄の高さ:約41cm~45.5cm

・体格のいい男の子はおしっこが飛び散る可能性ありです。
長男は90cmの痩せ〜普通くらいの体型ですが、ぞうさんをぺこりしないと飛び散ります。
まぁもともとトイトレの絵本にも「座ってするときはぞうさんをぺこりしよう」と書いてあったので、私はぺこりさせればいいやと思って気にしていませんが、気になる方は便座の穴がもう少し大きい商品を購入した方がいいかもしれません。
感覚的には100cmの体格のいい子だときつそうな気がします。

 

さいごに

色々な補助便座を調べるなかで、実はアンパンマンの2WAY補助便座5WAY補助便座も気になりました。

長男もアンパンマン好きなので、トイトレを進めるには好きなキャラクターの方がいいかなぁと。

ですが、そこはやっぱり乳幼児たちのヒーロー、アンパンマンですから、カリブの補助便座に比べると2WAY補助便座なんかは機能的には少し劣っているのにちょっと値段が張るのです…!

絶対に使ってくれればよいのですが、子どものことですし、特に補助便座は実際に使ってみないと相性が合う合わないかが分からないですからね。

そう考えると、我が家にとっては、上に書いた”購入に際しての注意点”を加味してもカリブの補助便座は非常にコスパの良い商品だったなと感じます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です