【京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)】木の温もりが溢れた屋内施設&豊富なメニューが嬉しいカフェ

ハグハグ

京王電鉄が2018年3月13日にオープンした『京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)』。

木のおもちゃや遊具で遊べたり、国内最大級のネット遊具があったりと、まるで森の中を探検しているかのような屋内施設。

そんなハグハグに2歳と0歳の息子と行ってきましたので体験レポを記載します。

ハグハグが気になっている方はぜひご覧ください。

 

ハグハグの場所

ハグハグの場所は京王線の「多摩動物公園駅」から徒歩1分の場所にあります。

電車で行かれる方は、駅の目の前にあるのですんなり行けると思います。

ちなみに、ハグハグの隣には京王れーるランド、反対方向には駅名通り多摩動物園があるので、丸一日使って色々と遊ぶのもいいプランですね。

車で行く場合には駐車場が2つあります。

ハグハグの隣にある第1駐車場、多摩動物公園入口隣にある第4駐車場が使えます。

我が家が車で行ったときに利用した第1駐車場は、11時半過ぎには満車でした。

車の入れ替わりはありますが午後の方が混んでいたため、車で行くことを検討されている方はできるだけ早めに到着されることをおすすめします。

 

ハグハグに着いたら

料金紹介

ハグハグに着いたら、まず券売機で入館ICカードを購入します。

一人一枚必要で、料金は以下の通りです。

利用料金

通常料金 入館から30分間 ICカードデポジット 延長料金(15分ごと)
子ども(6ヵ月〜小学生) 600円/1名 400円 200円
大人(中学生以上) 700円/1名  なし

 

おトクな料金プラン 入館から30分間 ICカードデポジット 延長料金(15分ごと)
平日フリーパス(子ども) 1,400円/1日 400円 200円
夕方親子パス(15時以降) 1,400円/大人・子ども各1名  なし
ハグハグ+京王レールランド平日限定共通チケット 2,400円/1組(3歳以上の子ども+大人1人)※デポジット代は別

 

<例:休日に大人2名子ども1名で入館して2時間遊ぶ予定の場合>

入館から30分(大人700円×2名+子ども600円×1名)+ICカードデポジット(400円×3名)+延長料金(1時間半分 15分×6)=4,200円

となるのですが、券売機でチャージできる金額は1,000円単位なので、この場合5,000円をICカードにチャージするかたちとなります。

正直、分かりにくいというか面倒臭いのですが(笑)、帰るときにICカードを清算するとデポジット代とチャージ残高が返却されます。

「チャージ残高が残っていて次回も来るから残高は次回使うよ」という方は、清算をせずに帰って大丈夫です。

ICカードでゲートを通ったら

ハグハグゲート

ハグハグゲート

ICカードでゲートを通ったらすぐに下駄箱があります。

下駄箱とロッカー

下駄箱とロッカー

荷物を預けたい方は下駄箱を過ぎてすぐにロッカーがあります。

使うときには300円必要ですが、帰りに100円だけ戻ってきます。

小銭がなくてもロッカーの隣に両替機があるので大丈夫ですよ。

 

ハグハグの施設紹介・1F

では、早速施設の体験レポを書いていきます。

きりかぶハウス(木育)

きりかぶハウス1

きりかぶハウス

きりかぶハウス2

きりかぶハウス

木のおもちゃや遊具で遊べるきりかぶハウス。

この木の元となるスギやヒノキは多摩産だそうです。

我が家がよく行く子どもの遊ぶ施設はカラフルなことが多いので、木のぬくもりはとても新鮮でした。

自宅にあるおもちゃもカラフルなものを選ぶことが多いのですが、木のおもちゃに触れて安らいだ気分になり、着いて早々、夫と「なんだか癒されるねー」なんて会話をしました。

2歳の息子は特に木だからといって何も言いませんが、たくさんあるおもちゃに次から次へと惹かれていました。

特におままごとコーナーは他の子ども達にも人気でした。

はいはいパーク(乳児木育)

こちらは乳児が遊べる広場。

はいはいパーク

はいはいパーク

はいはいパーク2

はいはいパーク

木のおもちゃや小さめのジャングルジム、滑り台があるので、全身を使って遊ぶことができます。

もりのひろば(イベントスペース)

こちらのひろばはイベントスペースですが、イベントを開催していないときには自由に遊べます。

(土日の10:00〜14:00頃に二度行っていますが、両方ともそのときにはイベントは開催されていませんでした。)

もりの広場

もりの広場

真ん中には固めのトランポリンがあって、大人もピョンピョンできます。

乗り物も5台ほどあったのですが、その乗り物がてんとう虫やハチ、うしといった可愛らしい乗り物で、乗っている子ども達も嬉しそうでした。

ハグー

ハグー

別の日に行ったときには、10時半頃にハグハグのキャラクター「ハグー」にも会えました。

もりの遊び場(体育・屋内)

もりの遊び場1

もりの遊び場

もりの遊び場2

もりの遊び場

もりの遊び場3

もりの遊び場

こちらの巨大ボールプールに使われているボールはなんと約45,000個!

ハンモックやあみあみの橋、大きな滑り台などがあり、子ども達が元気に動きまわっていました。

ぼうけんのもり(体育・屋内)

ぼうけんのもり

ぼうけんのもり

天気の良い日にはお外でも遊べます。

平均台は途中頭上にベルがあるので、長男はそれを目標に平均台の上を歩くのが楽しそうでした。

授乳室

1F授乳室

1F授乳室

子どもの遊び場なのでもちろん授乳室もあります。

個室は2部屋あり、ミルクを作る場所もありましたよ。

電車トイレ

電車トイレ

電車トイレ

さすが運営しているのが京王電鉄というだけあって、バスト電車のトイレがありました。

絶賛トイトレ中の長男、喜んでトイレへ行くかと思いきや覗いて終わりでした。

でも他の子達は嬉しそうにトイレへ入っていってました。

ハグハグの施設紹介・2F

くものえき(ミニSL)

くものえき

くものえき

2階への階段を上ると目の前にあるのがハグハグトレイン。

全周約200mの館内2階を15分ごとにぐるりと走っています。

乗りたい場合は、券売機で300円のチケットを購入し、出発前にこちらのくものえきに集合します。

鉄橋やトンネル、音などの演出があり、電車より車派の長男も楽しそうでした。
(とはいえ、二周まわるのですが一週で飽きてたという子どもあるある…笑)

そらのひろば(知育広場・休憩所)

そらのひろば

そらのひろば

ハグハグは全身を使って遊ぶ遊具がたくさんあるので、子どもも大人も喉が渇いちゃいます。

そんなときは、自動販売機で飲み物を買ってそらのひろばで休憩です。

おひさまラボ(知育・ワークショップ)

おひさまラボ

おひさまラボ

おひさまラボではワークショップを開催しています。

この日のワークショップはこま作りでした。(無料)

「もうすぐ3歳だけど息子には難しいかな?」と思いましたが、真剣な顔でこま(画用紙)に描き描きしてました。

最後に私が爪楊枝とクリップをつけて完成です。(写真右下)

ちなみに「何書いたの?」と聞いたら、「じゃがりこ!」と答えていました(笑)

美味しいもんね。じゃがりこ。

ハグハグのき(ネット遊具)

ハグハグのき

ハグハグのき

高さ約12m、直径約15mの日本最大級のネット遊具。

ネットの中は4階層になっていて、雲のチューブやバランスボールなどがあります。

高所恐怖症の私は見てるだけで足がすくみましたが、どの子ども達もきゃっきゃと遊んでいました。

子どもの底なしの好奇心ってすごいですね…!

くぐるところが大人にとっては狭いので、遊び終わったママパパたちはみんな子どもの笑顔とは正反対のぐったりした顔で出てきて、「疲れた…」と言っていました。

夫も「網が意外と痛い…腰も痛い…」と疲れ果てていました(笑)

⚠️注意
スカートや裸足では遊べません。
5本指の靴下もダメなので、ハグハグの木で遊ぶ予定の方は普通の靴下を履いていきましょう。

ランチにもおやつタイムにも使えるハグハグカフェ

ハグハグカフェ1

ハグハグカフェ

ハグハグカフェ2

ハグハグカフェ

ハグハグカフェ3

ハグハグカフェ

館内にはハグハグカフェというカフェがあります。
(ハグハグには入場しなくても、カフェのみの利用も可能です。)

インスタ映えしそうな可愛らしいキッズメニューや親子セットなど子連れに嬉しいメニューはもちろん、枝豆やアルコール飲料などもあり、メニューがとても豊富です。

個人的にはノンアルモヒートとミートソースパスタが美味しかったです!

ハグハグカフェ4

ハグハグカフェ

ちなみにカフェに入る際にはICカードを使ってゲートを通るのですが、そうすると館内の利用時間を止めてくれます。

一度ゲートを通って予約画面で予約し、混んでいたら自分の番が来るまでまたゲートの外へ出て遊ぶということもできます。

子どもにとって何十分もそのまま待つのは苦痛ですから、この制度は嬉しいですよね。

土日のお昼時はだいたい20分くらい待つので、早めに予約をして遊びながら待つ(電話してくれます)のがおすすめです。

 

EPARKでお店の混雑状況の確認や順番待ち受付、時間指定予約ができるので、ネットで済ませたいという方はこちらがおすすめです。

https://www.keio-hughug.jp/guide.html#epark

 

ハグハグのお土産や食品、飲料が買えるハグハグショップ

ハグハグショップ

ハグハグショップ

お弁当や飲み物を買えるハグハグショップでは、ハグハグならではの木のおもちゃや可愛い動物グッズ、京王線グッズなども購入することができます。

京王れーるランド、多摩動物園、ハグハグに来たときにはぜひ立ち寄ってみてください。

 

駐車場料金は?

車でのお出かけが多い人にとって気になるのが駐車場料金。

2019年2月現在の第1駐車場の料金を載せておきますので、よかったらご参考に☆

第1駐車場の料金
<3〜6月、9〜11月>
平日:200円/時間
土日祝:400円/時間

平日最大料金:1,600円
土日祝最大料金:3,200円

<6〜8月、12〜2月>
平日:200円/時間
土日祝:300円/時間

平日最大料金:1,600円
土日祝最大料金:2,400円

※最大料金は当日24時までの料金

 

『京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)』の基本情報

 

『京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)』

 

住所:東京都日野市程久保3 丁目36 番60

営業時間:9:30~17:30(最終入館17:00)
                 ハグハグカフェ:平日10:00~17:30(L.O.17:00)
                 ハグハグショップ:平日9:00~18:00
                 ※カフェは土日祝10:00〜18:30 (L.O.18:00)

休館日:水曜日(祝日の場合は翌木曜日)

アクセス:京王線「多摩動物公園」駅徒歩1分

駐車場:有

HP:https://www.yim.co.jp/shop/2f186.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2児の男の子を育てるアラサーママ。
幼児教室に通った経験や200ほどの知育玩具・遊具を利用した経験をメモがてらに共有したいと思い、子どもと"共"に"育"つための幼児教育ブログ『トモイクガイド』を運営。
子どもには「夢中になれるものを見つけて、粘り強く頑張れる力」を身につけてほしい。