【東京あそびマーレ】1日遊べる日本最大!?の室内遊園地は乗り物好きに特におすすめ!

東京あそびマーレ




親子で1日遊べる室内遊園地『東京あそびマーレ』。

ありぃさ
子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」でも、東京都の家族でお出かけ人気ランキング年間1位を獲得しているよ! 

0歳と3歳の息子と行ってきたのですが、日本最大級といわれているその広さと数え切れないほどの遊具に、3歳の息子は興奮しっぱなしでした。

特に車好きにはぜっっったいにおすすめです!

『東京あそびマーレ』が人気であるその理由を体験レポートを交えてお伝えします。

 

『東京あそびマーレ』のアクセスは?

東京あそびマーレは、京王相模原線の「京王堀之内」駅南口駅直結、「ビア長池」新館の2階にあり、駅から徒歩3分で行けます。

新宿駅からは約40分です。

 

東京あそびマーレ』の料金プラン

あそびマーレは10:00〜19:00(最終受付18:00)のフリータイム制で、料金プランはこちらです。

あそびマーレ 料金

あそびマーレ 料金

こちらの料金以外にも、乗り物に乗るのに1回100円など一部有料のものもあります。

また、店内からの一時退出、再入場は可能ですが、スノータウンの一時退出、再入場はできません。

 

東京あそびマーレ』をおトクに利用するクーポン

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」に100円引きのクーポンがあります。

平日なら1,200円が1,100円に、休日なら1,500円が1,400円になりますよ。

入場料100円割引クーポン

 

『東京あそびマーレ』休日の混雑状況

午前中は比較的空いていますが、お昼を過ぎるとだいぶ人が増えてきます。

入場制限をすることもあるようなので、午前中に行くことをおすすめします。

 

東京あそびマーレ』の施設紹介と体験レポ

それでは、東京遊びマーレの施設紹介と体験レポを書いていきます。

まず、入口早々に見えるのがミニレールウェイ。

あそびマーレ ミニレールウェイ

あそびマーレ ミニレールウェイ

発車時刻が決まっていて、その時間に集まると電車が発車します。

あそびマーレの周りをぐるーっと走る電車に乗る子どもたち、笑顔がとってもキラキラしていました。

電車好きな子にはたまらないですね。

 

1回100円と有料ですが、ショベルカーに乗ることもできます。

あそびマーレ ビルダーズ

あそびマーレ ビルダーズ

息子は、はたらくくるまが大好きなのですが、見つけた瞬間に乗り込んでいました。

フックは上下左右に動かしたり、持ち上げたりできます。

そのフックでボールをすくってかごにいれるのですが、3歳ではまだ難しいので、大人と一緒にやりました。

ボールをかごにいれられたときはとても嬉しそうで、その笑顔はひときわ可愛いかったです。

 

こちらはゴーカート。

あそびマーレ ゴーカート

あそびマーレ ゴーカート

息子は我が家の車に乗るたびに、「僕が運転したい!」と駄々をこねてご機嫌をとるのが大変なのですが、この日はゴーカートに乗れてとてもご機嫌そうでした。

あそびマーレ ゴーカート2

あそびマーレ ゴーカート

 

こんなのもあります。

あそびマーレ はたらくくるま

あそびマーレ

ゆうた
くるま好きな僕にとって天国! 

かなり広いあそびマーレですが、息子は1時間以上このゾーンで遊んでいました。

しかも、いつもなら「ママも一緒に遊ぼう」と言ってくるのですが、ここで遊んだときだけは黙々とボールを乗せたり運転したりしていました。

 

他にもこんな乗り物があります。

あそびマーレ カー

あそびマーレ

あそびマーレ

あそびマーレ

 

車だけでなく、パンダや像などの動物にも乗れます。

あそびマーレ ポニーライド

あそびマーレ ポニーライド

 

トランポリンもありました。

あそびマーレ トランポリン

あそびマーレ トランポリン

長男のようなわんぱくやんちゃボーイは、周りの子にぶつからないか不安なのでこういう1人ずつのトランポリンはとてもありがたいです。

 

ふわふわの滑り台は入口がこんな感じ(写真上)で、トンネルをくぐっていきます。

あそびマーレ ふわふわ滑り台

あそびマーレ ふわふわ滑り台

 

ボルダリングは、万が一落ちたとしても怪我がしにくいので、安心して挑戦させられます。

あそびマーレ ふわふわボルダリング

あそびマーレ ふわふわボルダリング

長男は今までボルダリングに興味がなかったのですが、こちらのふわふわボルダリングは一番上まで登れて驚きました。

足を乗っけるところの幅が狭かったり、横にも移動しやすいところが遊びやすくて楽しいポイントだったようです。

 

ボール温泉では、玉入れもできます。

あそびマーレ ボール温泉

あそびマーレ ボール温泉

私も投げてみましたが、大人でもいれるのが難しい!

 

 

こちらは乳幼児の体くらいあるブロック。

あそびマーレ ブロック

あそびマーレ ブロック

自宅には置けないので、こういった施設にあると嬉しいですね。

息子もおうちを作ろうとして楽しそうでした。

 

キッズエリア

2歳くらいまでの子が楽しめそうなキッズエリアもあります。

あそびマーレ キッズエリア

あそびマーレ キッズエリア

 

疲れたらマッサージチェア

マッサージチェアに座りながら子どもが遊んでいるのを見守るのもありですね。

あそびマーレ マッサージチェア

あそびマーレ マッサージチェア

 

夏でも雪遊びができるスノータウン

あそびマーレには、夏でも雪遊びができる日本初登場のスノータウンがあります。

あそびマーレ スノータウン

あそびマーレ スノータウン

引用:公式HP

体感温度約18~20℃という快適な空間で、雪遊びやそり滑りなどを思う存分楽しむことができます。

今回我が家は遊びませんでしたが、長靴(サイズ14〜28cm)・ソリは無料で貸りれます。

濡れたり汚れたりしたときのために着替えを持っておくと安心です。

 

ランチをする場所は?

ランチはあそびマーレのすぐ隣にフードコートがあります。

あそびマーレ フードコート

あそびマーレ フードコート

また、お弁当などを持ち込んで食べられる場所もあるので、よりリーズナブルに済ませたい方はお弁当を持ち込むといいです!

あそびマーレの外に出たら3分ほどの場所にサイゼリヤやマクドナルドもあります。

授乳室

もちろん授乳室もあります。

入口はこちら。

あそびマーレ 授乳室入口

あそびマーレ 授乳室入口

個室はこのようになっています。

あそびマーレ 授乳室

あそびマーレ 授乳室

 

東京あそびマーレ』の感想(口コミ)

あそびマーレは乗り物系の遊具が多く、車好きの長男にとっては天国のようでした。

今まで行った東京の室内の遊び場の中でも、一番遊具がある施設だと思います。

全体的に人は多いですが、遊具がかなり多くて人が分散されるので、待ちになる遊具はほとんどなかったように感じます。
(休日の午前〜14時くらいまでの場合)

また、長男は偏食があっていつも外食に困るのですが、あそびマーレは持ち込み可なので、子どもが食べられるものを準備できるのも嬉しいポイントでした。

 

東京あそびマーレ』の駐車場と料金は?

駐車場は2つあります。

タイムズビア長池第2駐車場の方が1日の最大料金が100円安いです。

どちらの駐車場も遊びマーレを利用すると最大4時間無料になります。

①屋上 タイムズビア長池第2駐車場

料金:8:30〜23:15 30分 100円
   23:15〜08:30 60分 100円

1日最大料金 600円

②屋上 タイムズビア長池第1駐車場

料金:8:30〜23:15 30分 100円
   23:15〜08:30 60分 100円

1日最大料金 700円

 

『東京あそびマーレ』の基本情報

 

『東京あそびマーレ』

 

住所:東京都八王子市別所2丁目1 ビア長池新館

営業時間:10:00~19:00

定休日:年中無休

アクセス:京王相模原線「京王堀之内駅」南口駅直結「ビア長池」新館

駐車場:有

HP:https://asobimare.jp/tokyo/

 

【トンデミ】東京都内初店舗の平和島店キッズエリアで3歳の息子と遊んできた

2019.04.14
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です