会陰切開は痛い!?オイルでの会陰マッサージもどきで会陰切開しないで済んだ話

オイル




出産は痛いというのは誰もが知っている事実ですが、意外と知られていないのが産後の痛み。

私も自分が第一子を産むまで、産後があんなにも痛いものだということを知りませんでした。

特に会陰切開後は、普通に歩けないくらい痛いです!(泣)

ちなみに座るのも痛いです!(号泣)

「産後の痛みを少しでも減らしたい」「会陰マッサージとか面倒臭いけど会陰切開はしたくない」という方のために、私が実施した会陰マッサージもどきをご紹介します。

 

なぜ会陰切開をするの?

まず、会陰切開とは、胎児を分娩する際に膣と肛門の間を切開する処置のことをいいます。

赤ちゃんが産まれるときにはこの会陰の部分が伸びて出口となるのですが、日本人は会陰が伸びにくく、分娩時に会陰が裂けてしまうことが多いそうです。

これを会陰裂傷というのですが、会陰裂傷はジグザグに裂けたり、何本も裂けてしまったりする可能性があります。

一方でお医者さんが計画的に行う会陰切開は一本傷で済むので、その後の切開傷を縫うという処置がしやすくなります。

そのため、会陰が裂けそうなときはお医者さんが先に切開をすることが多いのです。

 

第一子出産時の会陰切開の感想

会陰切開をされる方の割合は約7割だそうですが、私も多分にもれず第一子の出産時には会陰切開をしました。

膣と肛門の間を切開する、と聞くとかなり怖いと思いますが、切開時には局所麻酔をしますし(病院によるかもしれません)、陣痛が痛すぎるので、「チョキン!」と切る音は聞こえましたが痛みは全く感じませんでした。

分娩が終わり切開した部分を縫うときも、ほぼ痛みは感じませんでした。

【聖路加国際病院】自然分娩での出産体験談

2018.09.23

 

なぜ会陰マッサージもどきをしたのか?

会陰切開が痛くなかったのなら、なぜ第二子のときは会陰マッサージもどきをしたのか。

それは、会陰切開も縫う処置もそれ自体は痛くないのですが、縫った後がとても痛かったからです…!

それはもう、ちょっと歩くだけでもへっぴり腰になり、座るときにはドーナッツクッションが手放せないほど。

個人差はあると思いますが、私はこの状態が1〜2週間くらい続きました。

 

第二子妊娠時に「今回も会陰切開するのは嫌だな〜」と思っていたところ、知人の妊婦さんから会陰マッサージをしたら会陰切開をしないで済み、産後の痛みも回復も全然違ったという情報を得ました。

私も「なるほど!会陰マッサージをすればいいのか!」と早速やり方を調べたのですが、「あ、私には続かないやつだ」と思い知らされました。

ですが、そんな気持ちと「でもあの痛みはもう味わいたくない!」といった気持ちが行ったり来たり。

結局、自分が続けられそうな感じで適当に会陰マッサージをしようと思い、会陰マッサージもどきを始めることにしたのです。

 

会陰マッサージもどきのやり方

会陰マッサージをするとどうなるのかというと、単純に会陰部分の伸びが良くなります。

会陰部分が伸びやすくなると赤ちゃんが出てきやすくなるので、出産時に会陰切開をしないで済んだり、傷が小さくて済んだりする可能性があります。

そうすると、産後の会陰の痛みが少なく済みますし、産後の回復が早まることも期待できるのです。

 

ここでは、私が行った会陰マッサージもどきをご紹介します。

 

<会陰マッサージもどきのやり方>

 

①オイルを片方の手の人差し指、中指、薬指の第二関節までつける

 

②膣に3cmほど指を入れて肛門側の半分にオイルを塗り込むイメージでマッサージする

 

③膣と肛門の間を同じようにオイルを塗り込むイメージでマッサージする

 

※マッサージ時間は30秒〜1分
※妊娠34週目以降に始めて、頻度は二日に一回のペース
⚠️あくまで個人が適当にやったことですので、会陰切開をしないで済むといった保障はでき兼ねます。

 

マッサージをする時間は、本当は5〜10分くらいやったほうがいいみたいですが、面倒臭がり屋な私には続かないので、その日その日で適当にやっていました。

マッサージをするタイミングは、お風呂で体を洗うときもしくはお風呂からあがったタイミングが、皮膚が温まっていて柔らかくなりやすいのでおすすめです。

妊娠34週ともなるとだいぶお腹が大きいので、片手はどこかにつかまってしゃがんだ姿勢でマッサージするとやりやすいです。

ちなみに、私が使っていたオイルはこちらです。

 

第二子出産時は会陰切開しないで済んだ!

会陰マッサージもどきは私がネットで検索した会陰マッサージよりわりと適当だったので、正直「今回も会陰切開するんだろうなぁ」と期待していませんでした。

ですが、いざ出産当日を迎えたら、なんと会陰切開をせずに済んだのです。

無痛分娩+会陰切開なしは、自然分娩+会陰切開ありと比較したら、もう産後の回復が天と地ほど違いました。

出産した翌日どころか数時間後から普通に歩けましたし、ドーナッツクションの出番もありませんでした。

 

【聖路加国際病院】無痛分娩での出産体験談

2018.12.13

 

会陰マッサージは抵抗があるという方やめんどくさいと思われる方も多いと思います。

私もまさにそんな感じでした。

ですが、会陰切開をしたときとしなかったときの産後を比較すると、あの痛みを経験するくらいならマッサージをした方が絶対にいい!と思います。

私がもしまた妊娠したら、絶対にまた会陰マッサージをします。

マッサージを始めるのは妊娠34週からなので、出産までの約1ヶ月半しかも二日に一度でいいので(会陰マッサージは二日に一度でも毎日でも効果は変わらないというデータがあるようです。)「会陰切開をしたくない!」という方は、ぜひ”もどき”でも会陰マッサージをしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です