葉酸サプリを飲むのはいつからいつまで?飲まないとどんなリスクがあるの?

葉酸サプリを飲むのはいつからいつまで?飲まないとどうなるの?




厚生労働省が妊婦さんに摂取を推奨している葉酸サプリ。

 

ありぃさ

「いつからいつまで飲めばいいの?」

「なんで葉酸サプリを飲まないといけないの?」

 

そう疑問に思っている方もいるのでは?

ここでは、そんな疑問を解決するために、

  • 葉酸サプリを飲んだほうがいい期間
  • 飲まなかったらどんなリスクがあるのか

について書いています。

葉酸サプリに関する疑問を解決して、自分にあった葉酸サプリを選びましょう!

 

葉酸サプリを飲むのはいつから?

葉酸サプリを飲みはじめる一番いい時期は、赤ちゃんがほしいと思ったときからです。

なぜなら、葉酸が一番大事なのは妊娠前から妊娠初期だからです。

とは言っても、私のように妊娠に気づくことが先の方もいるでしょう。

そういった方は、妊娠に気づいた時点で飲むことがおすすめです。

 

葉酸サプリを飲むのはいつまで?

葉酸サプリは妊婦さんにおすすめされているイメージが強いので、「出産したら飲まなくてもいい」と思っていませんか?

実は、葉酸は出産後も大事な栄養成分なんですよ。

なぜなら、授乳中も赤ちゃんに栄養をおくらなければいけないので、通常より多く摂取することが厚生労働省から推奨されているからです。

以下に、一日に摂取したほうがいい葉酸の量をまとめました。

<一日に摂取したほうがいい葉酸の量>

18歳以上の女性:240μg/

妊活~妊娠初期:240μg400μg/

妊娠中期以降:240μg240μg/

授乳中:240μg100μg/

<参考>
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年度版)の概要」

葉酸は食品からも摂取できますが、熱や水に弱いため吸収率が50%です。

そのため、妊娠中に推奨されている葉酸の量を摂取しようとすると、サプリメントで補うことが重要です。

 

葉酸サプリを飲まないとどうなるの?

妊娠すると「葉酸」という言葉をよく耳にしますが、飲まないとどんなリスクがあるのか知っていますか?

厚生労働省が「妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性は400μg/日の葉酸を摂取するのが望ましい」と推奨しているため、「お医者さんもすすめてるし、みんな飲んでるから」といった理由で葉酸サプリを摂取している方もいるかもしれません。

実は、厚生労働省が葉酸サプリを推奨している理由は、もちろん栄養バランスの面もありますが、妊娠初期に起こる先天異常の神経管閉鎖障害のリスクを減らすためなのです。

神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんが成長する際の脳や脊椎のもととなる神経管が妊娠初期にきちんと閉じられなかった(閉鎖しなかった)という障害で、大きく「二分脊椎症」と「無脳症」の二つに分けられます。

この二つの違いは神経管が閉じられなかった位置で、神経管の下部に閉鎖障害が発生すると「二分脊椎症」、上部だと「無脳症」になります。

一体どのような障害かというと、「二分脊椎症」は損傷部位によって症状に個人差がありますが、損傷部位から下の運動機能の麻痺や変形、知覚麻痺、膀胱・直腸障害による排泄障害(尿を漏らすなど)がみられます。

「無脳症」は脳の発育ができない病気のことで、無脳症の場合、流産や死産の割合が多くなり、出産したとしても生後数日または数週で亡くなってしまうのです。

この神経管閉鎖障害は、妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月までに葉酸を摂取すると一定の発症リスクの低減が見込めることが各国の調査で分かっています。

<参考>
・厚生労働省 「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」
・二分脊椎症について

 

さいごに

葉酸サプリはいつからいつまで飲んだほうがいいのか、飲まなかったときのリスクについて書きました。

葉酸サプリを飲まなかったところで、必ず神経管閉鎖障害が起こるというわけではありません。

ですが、赤ちゃんのためにもママのためにもそういった障害へのリスクを少しでも減らすために、葉酸サプリを摂取することが大切だと思いませんか?

実際に妊婦健診でも「葉酸サプリ飲んでる?」と聞かれます。

もし葉酸サプリ選びで迷っている方は、人気の葉酸サプリ3種類を飲み比べ&徹底比較したレビュー記事も書いていますので、以下をクリックしてぜひご覧ください。

葉酸サプリのベルタ・ママニック・ララリパブリック飲み比べレビュー&徹底比較!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です