喋るのも辛い妊娠中の上の子とのオススメな遊び




 

赤ちゃんがお腹の中にやってくること、それはとっても嬉しいことですが、出産までの約10ヶ月間はつわりや腰痛、その他色々なマイナートラブルや試練を乗り越えなければいけなくて大変ですよね。

 

私も今回第二子を授かり、2歳の息子のイヤイヤ期(あまりイヤイヤ期とは呼びたくないのですが…。←こちらについてはまたの機会にブログで書きたいと思います!)とつわりが重なって、

「これは人生で一番の修行かもしれない…」

と思いながら、毎日、いや起きている間中ずっと「早くつわり終わってくれぇ〜〜(泣)」と思っていました。

 

つわりが終わってからも、腰痛や恥骨痛、息苦しさなどのマイナートラブルに見舞われ、現在やっと妊娠34週ですが本当にお腹がパンパンで動きにくいですし、第二子ということで骨盤がグラグラしているのか普通に歩くだけで骨盤周りが痛く、動くのも座っているのも辛い状況です。

 

息子には「ママ、しんどいしんどいだからちょっと休ませてね」と言うと、最近は状況を分かってくれているのか一人遊びをしてくれます。

ですが、休めてありがたい気持ちに加えて、その健気な状況を見て申し訳なくなってしまうんですよね(泣)

 

そこで、どんな体勢でも一緒に遊べてなるべく時間を稼げる(笑)、しかも息子のためにもなる遊びやおもちゃはないかと考えて探した結果、見つけました!!!!!

 

そのおもちゃは、なんと、パズルです!!!!
(真新しくなくてごめんなさい)

 

でもこのパズルの難易度が肝なんです。

 

今までダイソーの簡単なパズルしかやったことなかったのですが、今回はたまたま本屋さんで息子が興味を持って手に取ったくもんのジグソーパズルを購入しました。

なぜ購入に至ったかというと、もともと、「そろそろ息子にあったパズルを購入したいなぁ〜」と考えていたのですが、どれくらいの難易度がいいか分からなったんですよね。
 
 
売られているパズルに「対象年齢◯歳以上」とかよく見かけるのですが、なんかピンとこなくて。。
 
 
そんなときにこのくもんのパズルの箱の裏を見てみたら、こんな図が↓
 
 
「すごく分かりやすい!」と思い、ちょうど2歳半の息子にあいそうなSTEP3を購入しました。
 
最初、息子にはかなり難しかったみたいですが、1週間も毎日やっているとコツを掴んできたのか、少しずつできる範囲が広がっていきました。
 
 
 
パズルは3種類あって、それぞれ24ピース、35ピース、48ピースです。
まだまだ完成時間の目安には届かなそうですが、息子が日に日にパズルが上手になっていくのが目に見えて嬉しいです。
 
 
そして妊娠中のしんどい状況でも、休んだ姿勢をとったまま、息子と遊ぶことができるのが何よりの救いです!
 
 
もし妊娠中で上の子の相手をするのがしんどいという方がいらっしゃったら、ぜひパズル遊びをしてみてください♪
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です