【聖路加国際病院】妊婦健診の内訳費用(2018年)を公開




こんにちは!ありぃさ(@ariiisa_j)です。

私が妊娠・出産を経てびっくりしたことの一つが、妊婦健診の費用の高さです。

妊婦健診に行くまでは、妊娠・出産でかかる費用というのは、なぜか分娩時の費用だけだと思っていました。

しかし、実際は意外と費用がかかる妊婦健診…><

そんなわけで今回は、これから聖路加国際病院で妊婦健診を受けようと考えている方にちょっとでも参考になるよう、私の2018年の妊婦健診費用を公開したいと思います。

 

そもそも、なぜ妊婦健診は有料なの?

診療には以下の二種類があります。

✔︎ 健康保険証を使って、かかった費用の3割を払う保険診療

✔︎ 健康保険証が使えない、かかった費用は全額自己負担の自費診療

妊婦健診は自費診療となります。

こんなに「少子化、少子化」と騒がれているのに、不思議ですよね。

これは、妊娠は「病気」ではないことが理由に当たるためです。

その代わり、安心して妊娠・出産ができる体制を確保するため、市区町村で妊婦健診にかかる費用を助成する「補助券」というのが配布されていて、妊婦さんであれば全員もらうことができます。

ところがこの「補助券」ですが、妊婦健診が全て無料になるわけではありませんし、病院によって健診の費用は異なります。

 

妊娠が確定したら市区町村から「補助券」をもらおう!

「補助券」は妊娠確定後に市区町村の窓口でもらえる

妊婦健診の費用が安くなるのであれば、少しでも早くもらいたいですよね。

この「補助券」がもらえるタイミングというのは、医療機関で妊娠が確定した後になります。

(そのため、妊娠が確定する(赤ちゃんの心拍が確認される)までは、補助券なしの全額自己負担です。)

妊娠確定後、現在住んでいる市区町村の役所に「妊娠届出書」(病院や役所でもらえます)を提出することで、母子手帳と一緒に「補助券」をもらうことができます。

ちなみに、この頃にはつわりが始まって動くのが辛いという方もいらっしゃると思います。

市区町村によっては、妊婦さん本人が行けない場合は委任状を書けば代理の人でも可能な自治体もあるので、きになる方は調べてみてくださいね。

「補助券」は妊婦健診14回分

厚生労働省が推奨している妊婦健診の頻度は以下の通りです。

✔︎ 妊娠初期から妊娠23週まで
 ⇨4週間に1回

✔︎ 妊娠24週から妊娠35週まで
 ⇨2週間に1回

✔︎ 妊娠36週から出産まで
 ⇨1週間に1回

参照サイト:妊婦健診 – 厚生労働省

妊婦健診の1回目を赤ちゃんの胎嚢や心拍が確認できる妊娠8週頃とした場合、妊婦健診は全部で14回くらいになります。

そのため、全ての自治体が最低14回分の補助券を用意しています。

補助金額は、各自治体によって異なりますが、平均で約10万円分の補助がもらえることになっています。

ただし、病院や妊婦さんの健康状態によって元の健診費用や必要な検査は異なりますので、自己負担額もあることを忘れてはいけません。

 

聖路加国際病院で実際に支払った妊婦健診の費用を公開!

妊娠週数 検査内容 自己負担額
妊娠7週目 ・エコー検査
(胎嚢確認)
約8,000円
(補助券無)
妊娠8週目 ・エコー検査
(心拍確認、紹介状作成)
9,936円
(補助券無)
妊娠10週目 ・エコー検査・尿検査・血液検査・子宮頸がん健診・梅毒・B型肝炎・HIV・風疹など 14,730円
妊娠14週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠18週目 ・エコー検査
・健診

・クラミジア
6,250円
妊娠22週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠25週目 ・エコー検査
・健診
・妊娠中期血液検査
・糖尿病検査
10,810円
妊娠27週目 ・エコー検査
・健診
−4,960円
(補助券との差額分で返金)
妊娠29週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠31週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠33週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠35週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠37週目 ・エコー検査
・健診
・妊娠後期血液検査
9,990円
妊娠38週目 ・エコー検査
・健診
340円
妊娠39週目
・エコー検査
・健診
340円
合計 57,476円

 

結論、私が妊娠判明から最後の妊婦健診までにかかった費用は、合計57,476円でした。

私は妊娠確定するまでに東京レディースクリニックに2回通院し、紹介状を書いてもらって妊娠10週目から聖路加国際病院に通うようになったので、聖路加国際病院での妊婦健診の費用だけでいうと、合計は39,540円になりました。

東京レディースクリニックに通った分は、妊娠確定前なので補助券は使用できません。

初診で赤ちゃんの心拍確認までできたら1回目の自己負担分はなかったので、少しでも自己負担額を減らしたい方は、心拍確認ができる可能性が高くなる妊娠8週目くらいに初診を受けるといいですね。

 

私が住んでいる区では、区役所に妊娠届を提出すると、母子健康手帳と妊婦健康診査受診票(14枚)超音波検査受診票(1枚)妊婦子宮頸がん検診受診票(1枚)をもらえます。

上記の表では、妊娠10週目以降は毎回、妊婦健康診査受診票(いわゆる補助券)を提出した上での自己負担額です。

加えて、妊娠10週目に妊婦子宮頸がん検診受診票、妊娠27週目に超音波検査受診票を使用しています。

超音波検査受診票は、市区町村によって公費負担回数が異なるそうですが、使用するタイミングはエコー検査(超音波検査)を行う場合はいつでも大丈夫なようです。

私は適当なタイミングで使用したので、自己負担額と超音波検査受診票の補助額の差で4,960円を返金してもらうことができました。
(嬉しい!)

 

 

妊娠・出産にかかった自己負担額は「医療費控除」の対象となるので、領収書をとっておこう!

「医療費控除」というのをご存知でしょうか?

「医療費控除」というのは1月1日から12月31日までの1年間に、生計をひとつとする家族全員の医療費が10万円を超えた場合に、確定申告をすれば還付金を得ることができる制度です。

妊婦健診でかかった自己負担額以外にも、出産・入院費用のうち出産育児一時金を抜いた実費分や、通院や入院のために使ったタクシーや電車代などの交通費も医療費控除の対象となります。

聖路加国際病院での出産費用は、出産育児一時金を抜いても50万円以上はするので、それだけで医療費控除の対象となります。

そのため、妊娠・出産にかかった費用のレシートや領収書はしっかり残しておきましょう!

【聖路加国際病院】出産関連の費用(妊婦健診から1ヶ月健診まで)を公開

2018.12.17

【聖路加国際病院】無痛分娩の詳細。費用は15万円!?

2018.12.12
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です