紐通しはいつから始めたらいい?1〜3歳の年齢別おすすめ8選も紹介

紐通しはいつから始めたらいい?1〜3歳の年齢別おすすめ8選も紹介

紐通しはいつから始められるか知っていますか?

モンテッソーリ教育や幼児教室でも使われている紐通しには、手指の巧緻性や集中力アップの効果があります。

しょうた
物はつかめるようになったけど、紐通しは難しそうだし、いつからできるようになるんだろう。 
ありぃさ
実は紐通しは1歳前から始められるんだよ! 

紐を通すことを重要視すれば1歳頃からですが、紐通しで遊ぶのは1歳前からでもできます。

この記事では、「紐通しはいつからできるの?」と疑問をおもちの方のために

  • 紐通しはいつから遊べるか
  • 紐通しの遊び方
  • 紐通しの知育効果
  • 年齢別の紐通しのおもちゃ

について書いています。

子どもの集中力や器用さをアップしたい方、紐通しに興味のある方はぜひご覧ください。

 

紐通しはいつから始められる?

「紐を穴に通す」という作業は左右の手で違うことをし、穴という限られた範囲に紐を通すので、子どもにとってはとても繊細で難しい作業です。

紐通しで紐を通せるようになるのは、穴が大きくて紐が太いものなら1歳過ぎからできます。

くぅ先生
でも、”紐通しを使って遊ぶ”ことなら1歳前からでもできるよ! 

というのも、紐通しの作業には、紐を”通す”ことと”抜く”ことがあります。

1歳前では紐を”通す”のはまだ難しいですが、実は”抜く”ことならできるんです。

赤ちゃんが大きいものをつかめるようになったら、紐通しの序盤遊びとして、ママが紐通しに紐を通してあげて紐の先っちょを子どもに持ってもらって抜いてもらう遊びがおすすめです。

しょうた
紐がするする抜けていくのが楽しい! 

 

紐通しの知育効果やメリット

紐通しはモンテッソーリ教育や幼児教室でも使われています。

つまり、それだけ知育効果が高いといえます。

ありぃさ
紐通しの知育効果は以下の3つ! 
 icon-pencil-square-o 紐通しのメリット

  1. 集中力アップ
    紐通しは集中して取り組む必要があるため、続けることで子どもの集中力が養われる。

  2. 手指の巧緻性アップ
    紐をパーツやビーズに通すことで、手指のトレーニングになる。

  3. 自立心が養われる
    紐通しが一人でできるようになると、黙々と紐通しの作業をしてくれるようになるので、これによって自立心や「自分でできた!」という達成感を味わうことができる。

 

紐通しを選ぶときのポイント

紐通しのおもちゃを選ぶときには3つのポイントがあります。

  1. 年齢・発達度合いにあった紐通しを選ぶ
  2. カラフルなものを選ぶ
  3. 何に紐を通すかで選ぶ

それぞれについて解説します。

年齢・発達度合いにあった紐通しを選ぶ

紐通しにはたくさんの種類があります。

穴が小さいものや大きいもの、紐が細いものや太いものなど。

しょうた
難しすぎるとやる気がなくなっちゃうから、少し難しいくらいがいいな。その方が達成感も味わえるからね! 

カラフルなものを選ぶ

紐通しはカラフルなものが多いですが、より色の種類があると色についても教えることができます。

また、色だけでなく形や絵柄などが数種類あると、仲間分け遊びもできます。

ゆうた
紐通しは上手に選べば、一つのおもちゃで数種類の遊び方ができるのでおトク! 

何に紐を通すかで選ぶ

紐を何に通すか。

アンパンマンのようなキャラクターものや動物、ビーズ、おもちゃ、ボードなど意外と種類があります。

わが子のやる気を引き出せそうなものを選ぶのがおすすめです。

 

年齢別のおすすめ紐通し

紐通しはおもちゃによって難易度が異なるので、年齢別のおすすめ紐通しを紹介します。

1歳前後からおすすめの紐通し

・ベビラボ アンパンマン はじめてのひもとおし

みんな大好きアンパンマンの紐通しおもちゃ。

ありぃさ
わが家が最初に買った紐通しはこのアンパンマンの紐通し! 

紐が太めで穴が大小の2種類あるので、1歳から遊ぶことができます。

アンパンマンというキャラクターで子どもの目を惹きますし、紐通しだけでなくキャラクターごとに分ける仲間分け、色ごとに分ける色遊びもできるので長く使えて個人的にもおすすめです。

 

・七田オリジナルひもとおし

右脳教育で有名な七田式の紐通し。

カラフルなクマに穴があるのですが、片方が大きく、片方が小さくなっています。

ゆうた
クマの大きさが大中小とあるので、色の概念だけでなく、大きさの概念も学べるよ。 

クマは50個あるので、数遊びもできます。

しょうた
小のクマが小さくて誤飲の恐れがあるので、1歳前後の子が遊ぶ場合はママやパパがそばにいてね。 

 

Kremers (クレマーズ)チーズとネズミのひも通し

ネズミがチーズを食べるのに見立てた紐通し。

ありぃさ
長男が通っていた幼児教室の教材としても使われていた紐通しだよ。 

「チューチュー」と言いながらネズミがチーズを食べるように紐通しをする姿を子どもに見せてあげると、かなり食いついてくれます。

また、穴が斜めにも配置されているのでネズミとチーズをうまく動かす必要があり、子どもがとても集中してくれるのでありがたいです。

2歳前後からおすすめの紐通し

・くまのひもとおし

紐通しで有名なくまのプレート型の紐通し。

それぞれのクマに穴が1〜5個あいているので、色々な通し方ができますし、かず遊びもできます。

透明な瓶に入っているので、片付けた後もおしゃれです。

プレートの紐通しはまだ紐が通せなくても、タッパーに貯金箱のような穴を開けてプレートを入れるという遊びができて、こちらも手先が器用になる効果があるのでおすすめです。

 

・ひもとおし 106個セット

たくさんのことが学べて大容量の紐通し。

くぅ先生
野菜・果物・交通機関・動物・天気・数字・アルファベットと、柄の種類は一番多い! 

なぜか楽天だとアマゾンの金額の倍くらいするので、購入を考えている方はアマゾンがおすすめです。
(2019年7月時点)

 

・プラントイ ボードタイプ ひもとおし

木育・知育玩具で人気のブランド、プラントイのボードタイプの紐通し。

ボードと付属で図形がついてきます。

ボードタイプだと非常にシンプルなので親としては「楽しめるかな?」と不安になりますが、シンプルだからこそ色々組み合わせてオリジナルの作品を作れるので想像力が高まります。

3歳以上におすすめの紐通し

3歳にもなるとだいぶ器用になってきますので、紐が細めなものや穴が小さめなものがおすすめです。

 

・LOTUS LIFE 知育玩具 紐通し

カラフルなフルーツがかわいいひもとおし。

対象年齢は6歳以上となっていますが、3歳過ぎ頃からでも遊べます。

ゆうた
おままごととしても遊べるからおままごと好きな子におすすめ! 

たくさんのフルーツや野菜があってアレンジし放題の紐通しができるので、遊ぶごとに違う作品が出来上がります。

それが理由で、「飽きにくくて集中してくれる」といった口コミが多いです。

持ち運びにも便利なお片付け専用バッグがついているのも嬉しいポイントですね。

 

・ボーネルンド ひもとおし 森の仲間たち

想像力も養われるボーネルンドの紐通し。

木や鳥、葉っぱ、蝶々などのモチーフを紐通しで繋げる珍しい形の紐通し。

「どんな順番にしようかな」「どんな絵を作ろうかな」と自分で考える想像力も養われるすごい紐通しです。

ほどくのも難しくなるので、手指の巧緻性アップに期待ができます。

 

紐通しは手作りできる

紐通しは手作りすることができます。

材料も100均でそろいます。

こちらのサイトにかわいらしい電車の紐通しの作り方が載っているので、手作りに興味のある方は見てみてください。

電車以外にも応用できると思いますよ。

100均グッズで簡単に知育おもちゃ♪電車のひも通しの作り方

 

紐通しはいつから?1歳前から始めよう

紐通しはいつからできるのか悩んでしまいますよね。

まずは紐を”抜く”ことから始めるのであれば1歳前から始められます。

紐を”通す”ところからやりたいということであれば、大きめの穴で1歳頃からチャレンジするといいでしょう。

子どもは吸収力がすごいので、ちょっと難しい程度であれば最初はできなくても数日でちゃっかりできるようになります。

くぅ先生
紐通しは世界各国で重要視されるモンテッソーリ教育や シュタイナー教育でも取り入れられているよ。 

幼児教育で大切な集中力や達成感などたくさんの知育効果がある紐通し、ぜひ試してみてくださいね。

 

icon-chevron-circle-right おもちゃが多くて困っているという方はレンタルを試してみては?

おもちゃレンタル7社を徹底比較!あなたにおすすめなのはこれ

2019.07.16

 icon-chevron-circle-right 幼児教室の無料体験は知育や幼児教育のノウハウをゲットできておトク!幼児教室の無料体験レッスン一覧はこちら

幼児教室の無料体験レッスン一覧

2019.07.09

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2児の男の子を育てるアラサーママ。
幼児教室に通った経験や200ほどの知育玩具・遊具を利用した経験をメモがてらに共有したいと思い、子どもと"共"に"育"つための幼児教育ブログ『トモイクガイド』を運営。
子どもには「夢中になれるものを見つけて、粘り強く頑張れる力」を身につけてほしい。